身寄りがなく行くあてのない綾子は義父に甘え同居していが、綾子は義父の恐ろしい眼差しが気になり始めていた。井上綾子義父は綾子に対して同じ屋根の下で暮らしていく為に我慢が出来ないことがあった。それは女を縛り飼育すること…。ある日、義父は突然綾子を襲い、自分色に染め始めていった。やがて綾子は…。