妻への介護が祟り倒れてしまった義父の‘徳じい’の世話をするため、夫の‘テツヤ’と義理の両親と共に生活することになった。 瀬名あゆむしかし既に元気を取り戻し始めていた徳じいは、しずよの目が見えないことを良いことに、あゆむに猥褻な視線を送るのだった…。