令嬢と召使 渋谷ひとみ ドンビキするくらい金持ちの令嬢がわがままを発揮して一人暮らしをしたいと言いだした。 パパは心配でしょうがないが娘が一度言いだしたらテコでも動かないことはよく知っている。 そこで召使をつけることを条件に家を出ることを承諾した。 令嬢のわがままは次第にエスカレートして、いつしか召使にマスクをかぶせ傍若無人なわがままをぶつけるのであった。 「はいっ舐めてっ、舐めないとパパに言いつけるからねっ」。