過去に1度、義父と肉体関係を持ってしまった清楚妻・尚美。自分ではソレを記憶から消したいと思いながらも、身の回りの世話をしに今日も訪ねる。宮藤尚美「義父さん、やめてください」と訴えるが、義父の肉棒は夫のソレよりも固く大きく反り返り、無理矢理握らされ口に捻り込まれると、問答無用にバックで激しく突き通される。