夫の急逝によって未亡人となった紫乃は悲しみにくれるのも束の間、社宅の立ち退きを言い渡される。和泉紫乃以前から想いを寄せていた亡き夫の上司の栗原が間に入り紫乃をパート扱いすることによって住まわせることにした。優しい栗原だったが紫乃への執拗な思いの丈を遂げようと偏執的な性交を強要していくのだった。