年頃を迎えたひとり息子が、母の豊満な乳房に、近頃、口に出してご説明するのもはばかられるような、性的な意味合いの強い、乳揉み行為を日常的に繰り返すようになってしまったのだ。宮部涼花「いい子だから…もう…やめてちょうだいな…」優しく諭すように語りかける母にお構いなく、息子は揉んで揉んで揉みまくる!