部屋に入るが、そこでは自分のペニスをしごきオナニーに耽る息子の姿があった。北川エリカ自らの心と身体をもって息子に性教育を施そうとするのであった。